スワップ金利で稼ぐ|FX運用入門

スワップ運用

7.実践(1)基礎基本

 スワップ運用は、ロスカットされないようにポジションを建てるだけです。

 もちろん、スワップ金利が受取になるようにしなくてはなりません。
 ○○円の場合、買いポジションなら、受取になります。

米ドル円の円高レベルを想像してみる

 スワップ運用を行う期間をおおよそ決めておきます。
 10年、20年、30年、人によって様々でしょう。

 1ドル=70円台の時代になっていますが、運用している間、1ドル=3円になることがあるでしょうか。

 運用期間が20年なら、その間に、1ドル=3円になるかどうか。

 あり得ると考える人は、スワップ運用に向いていません。

 レバレッジ1倍で運用した時、1ドル=3円でロスカットだからです。


  • ※参考までに
     レバレッジは、0.5倍など、1倍未満にすることもできますが、それは意味がありません。
     レバレッジ1倍未満にするなら、外貨MMFの方が得です。

 率直に言って、1ドル=3円は「ない」でしょう。
 ここ2,30年のうちに、3円?、う〜ん、ないでしょう。

 1ドル=76円の時、レバレッジ2倍にすると、ロスカットは、1ドル=41円です。

 ここまでくると、断言しにくくなりますが、2,30年のうちなら、まだ「ない」でしょう。

 こんな風に、想像してみてください。
 どの程度の円高なら、起こりうるでしょうか。

 それによってレバレッジが決まります。
 レバレッジが決まれば、リスクとリターンが決まります。

米ドル円でスワップ運用すると

 下表のリスクは耐えられる下落幅を表します。いくら下落するとロスカットになるかということ。
 リターンは、年間スワップ金利÷運用資金。

 相場は、2012年7月5日のものです。1ドル=80円、スワップ金利 7円/1日(1万通貨当たり)。

レバレッジ 取引量 運用資金 年間
スワップ金利
リターン リスク
(下落幅)
ロスカットになるレート
(1ドル=)
1.5倍 1万 53.3万円 2555円 0.47% 50.1円 29.9円
2倍 1万 40万円 2555円 0.63% 36.8円 43.2円
3倍 1万 26.6万円 2555円 0.95% 23.4円 56.6円
3倍 3万 80万円 7665円 0.95% 23.4円 56.6円

 米ドル円はスワップ金利が低いので、リターンもこの程度です。

 レバレッジ3倍でも、20年くらいはいけそうな気がしますが。

 どうでしょうか。
 レバレッジをかけても、思っていたより安全だと感じませんか。

 これがレバレッジを使えるスワップ運用の素晴らしいところです。
 レバレッジをかけられない金融商品とは、比べ物にならない運用率をたたき出せるのです。

 さて、次は、どの程度のレバレッジなら大丈夫そうか、それを探る方法を考えてみましょう。


スワップ運用
  1.スワップ運用とは
  2.運用率は
  3.リスクは
  4.何故、稼げるのか?
  5.スワップ金利は低くならいのか?
  6.元本割れしない
  7.実践(1)基礎基本
8.実践(2)為替相場の想定
  9.実践(3)時間の分散
  10.実践(4)毎月投資
  11.実践(5)1回投資
  12.スワップ複利運用
  13.外為オンラインで資金を2倍にする
  14.GMOクリック証券FXネオで富豪の金利生活
  00.おすすめ本(スワップ運用)

 スワップ運用おすすめFX口座 ←FX業者を紹介している姉妹サイト

FX入門 スイングトレード
スワップ運用 為替相場の予測

サイトマップ確実に儲かることはないTOP(スワップ金利で稼ぐ-FX運用入門)管理人

Copyright (C) スワップ金利で稼ぐ|FX運用入門, All rights reserved.