スワップ金利で稼ぐ|FX運用入門

スイングトレード

5.下落したら買う

 スイングトレードでは、下落したら買いましょう。

 基本的には、スワップ運用をするので、ロスカットしないようにポジションを建てます。
 ですから、いつ買ってもいいのです。

 ただ、下落して円高になった時に建てたポジションなら、為替差益を狙いやすいということです。

サイクルを活用する

 為替相場にはサイクル(周期)があることはご存知でしょうか。
 一定の周期を持って、相場の下落上昇が起こる現象です。

 そんな周期が分かれば、損することは100%なくなるし、必ず利益を得られることになります。

 サイクルの期間は、残念なことに、完全に「一定」ではありません。
 長期サイクルになれば、2年くらいズレルこともあります。

 「おすすめ本(スワップ運用)」で紹介した「サイクル投資法マスターブック」によれば、
 (わたしの解釈です)
 豪ドル円の次の最安値は、2013年6月〜2015年9月に来ます。
 一番可能性が高いのは、2014年10月前後だと思います。

 この期間に起きた円高は、大きなチャンスになると思います。
 大きなサイクルの区切りになるので、1豪ドル=50円台まで下落しても不思議ではありません。
 逆を言うと、それまでは、大した下落にはならないと言うことです。

サイクルが当たらなくても…

 本当にサイクル通りになるかどうかは分かりません。
 しかし、サイクル通りに買いポジションを建てたとしても、別に損することはありません。

 最安値になると考えられる時期の円高ポジションを保有するわけです。

 円高で買ったのなら、それでOKでしょう。

 投資家心理として、「円高で買いたくても買えない心理」があります。
 このようなサイクルを目安としていれば、下落した時に「迷わず買い」にいきやすくなるのです。

 ちなみに、中期サイクル、プライマリーサイクルもあります。
 年に3,4回スイングトレードを行いたいなら、この中期サイクルやプライマリーサイクルが役に立ちます。

 このように、サイクルが分かると、投資が楽になります。


スイングトレード
  1.スイングトレードとは
  2.実は儲かる
  3.リスク
  4.損切りしてはいけない
  5.下落したら買う
6.異業者両建
  7.決済タイミング

 おすすめFX業者 ←FX業者口座一覧という姉妹サイト

FX入門 スイングトレード
スワップ運用 為替相場の予測

サイトマップ確実に儲かることはないTOP(スワップ金利で稼ぐ-FX運用入門)管理人

Copyright (C) スワップ金利で稼ぐ|FX運用入門, All rights reserved.