スワップ金利で稼ぐ|FX運用入門

スイングトレード

7.決済タイミング

 スイングトレードの決済タイミングは、とても簡単。

 スワップ運用で稼げる予定のスワップ金利益より、為替差益が得られる時です。

 豪ドル円スワップ金利は、80円だとしましょう。
 1万通貨のポジションで、80円×365日=29200円。約3万円のスワップ金利が得られるわけです。

 ですから、スイングトレードでは、価格差3円以上を狙います。

 1豪ドル=75円でポジションを持ったら、78円以上で決済します。

 もし、6円の差益を得られれば、2倍の利益を稼ぐことになります。

 スワップ金利益より少ない利益では決済しないで待つことです。

価格差3円を超えた時

 スワップ金利益(先の例では価格差3円)を超えた時、いつ決済するのがよいのでしょうか。

 ポジションを決済した後、次はいつポジションを建てられるか分かりません。
 ですから、3円分の差益を得ただけの場合、1年以内に次のポジションを建てられなければ損するかもしれません。決済せずに、スワップ金利を稼いでいた方が儲かったということになるかもしれないのです。

 ですから、為替差益だけで2年分はほしいところです。

サイクルも参考に

 「5.下落したら買う」で紹介したサイクルですが、これも参考にできます。

 2年分は稼ぎたいとは言え、欲張ってしまうと、下落が始まり決済タイミングを逃すことも考えられるからです。
 (それはそれで、スワップ運用に切り替えればいいので損しないのですが…)

 サイクルの中間当たりが一番高値である可能性が高いでしょう。
 もし、どうしても決済したいのであれば、サイクルの中間当たりにしましょう。


スイングトレード
  1.スイングトレードとは
  2.実は儲かる
  3.リスク
  4.損切りしてはいけない
  5.下落したら買う
  6.異業者両建
  7.決済タイミング

おすすめFX業者 ←FX業者口座一覧という姉妹サイト

FX入門 スイングトレード
スワップ運用 為替相場の予測

サイトマップ確実に儲かることはないTOP(スワップ金利で稼ぐ-FX運用入門)管理人

Copyright (C) スワップ金利で稼ぐ|FX運用入門, All rights reserved.